(出典 www.mihara.com)


不妊クリニックが言わない「顕微授精」のリスク - 女子SPA!
「妊活」に関する素朴な疑問を、産婦人科医の黒田優佳子先生に聞くシリーズ3回目です。黒田先生は『本当は怖い不妊治療』(SB新書)の監修者で、臨床精子学研究の第一 ...
(出典:女子SPA!)


もう疑い始めたらきりがねぇな。

知らぬが仏です。

顕微授精(けんびじゅせい)とは、体外受精の1種で(体外受精から独立していると言う考えもある)精子を直接卵子に注入する方法である。 点鼻薬・注射等により、卵子の成熟を増進させ1ヶ月に数個(自然周期で1個)の卵子を体内で作らせる。これは、卵子が多い方が妊娠率が高いためであり、月経3日目から服用する。
2キロバイト (250 語) - 2015年12月15日 (火) 07:33