(出典 genelife.jp)


精子形態異常の不妊マウスで、精子の成熟にプロタミン分子の脱リン酸化が重要と判明-京大 - QLifePro医療ニュース
京都大学は3月27日、精子形態異常を伴う不妊マウスの原因を解明し、精子の成熟にプロタミン分子の脱リン酸化が重要であることを見出したと発表した。この研究は、同大 ...
(出典:QLifePro医療ニュース)


ゲノム編集と呼ばれる高効率の遺伝子改変技術が登場することになった。2015年にはCRISPR/Cas9を用いた世界初のヒト受精卵の遺伝子操作が中華人民共和国で行われ、国際的な波紋を起こした。これにより2015年現在、ヒト受精卵に対するゲノム編集技術の倫理的規制が新たな課題となっている。 ゲノム編集
5キロバイト (572 語) - 2018年12月28日 (金) 03:23



なんかよくわからんが実験でいろいろわかったっぽい!
人間にとって明るい未来になればいいがまだまだ先だろうな…