不妊から逃げたい気持ち

現在不妊治療と向き合う30代夫婦のブログです。管理人は男性側(夫)です。 不妊治療に向き合う中で起きた出来事や男性側の目線やもちろん女性側の目線にも立った記事や情報をお届けします。



    (出典 momo11momo.blog.so-net.ne.jp)


    山本モナが妊娠、「三人目プロジェクト」成功までの道
    山本モナが妊娠、「三人目プロジェクト」成功までの道
    …ートさせた。「それから4年、モナさんがブログで妊活にふれることはほとんどありませんでした。子育てと妊活の両立に挫けそうになったこともあったようです。落…
    (出典:エンタメ総合(NEWS ポストセブン))


    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞
    7キロバイト (888 語) - 2018年12月24日 (月) 11:32


    ご懐妊おめでとうございます。
    無事に生まれることを祈ります。

    【【祝】山本モナさん第三子妊娠中!多嚢胞との戦いの末に三人の子どもを授かる。いいなぁー。】の続きを読む



    (出典 image.jimcdn.com)


    40代での妊娠が増加、意図して選んだ結果か?
    40代での妊娠が増加、意図して選んだ結果か?
    …いう現実を覆い隠すことになる。 話をした高年齢の女性の間では不妊の長期化は当たり前で、不妊治療と流産の繰り返しもよくあることだった。この年代の女性は流…
    (出典:国際総合(The Guardian))


    子どもを生みたいと思える時代ではないってことなのかねぇ。

    【【時代】40代での出産が増えてきたのは時代の流れか。】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    実は世界中で行われていた「強制不妊」~弱者に優しい福祉国家でも…
    実は世界中で行われていた「強制不妊」~弱者に優しい福祉国家でも…
    …ずの欧米先進諸国でも、障害者に対して強制不妊や事実上の強制的な不妊が行われていた。 つまり、障害者に対する強制不妊を国が責任を持って行うことは、20世…
    (出典:社会(現代ビジネス))


    母体保護法(ぼたいほごほう、昭和23年7月13日法律第156号)は、不妊手術及び人工妊娠中絶に関する事項を定めること等により、母性の生命健康を保護することを目的とする法律である(同法1条)。 本法によって母体保護法指定医師が指定される。また、本法では薬機法の規定に関わらず「ペッサリー等避妊具を販売で
    16キロバイト (2,541 語) - 2019年4月25日 (木) 10:08


    障害を悪と捉えていた時代ではスタンダードな手術だったようです。

    当時声をあげても簡単に潰されそうだね。

    【【驚愕】強制不妊は世界的に行われていた!?そもそもの目的とは?】の続きを読む



    (出典 d3reun7bhr7fny.cloudfront.net)


    月経血や不正出血が増えたら要注意=がんの一歩手前の子宮内膜異型増殖症
    月経血や不正出血が増えたら要注意=がんの一歩手前の子宮内膜異型増殖症
    …、月経時でないのに出血(不正出血)が起こる。また、出血過多による貧血や、不妊になることもあるという。 子宮内膜増殖症の治療では、増殖した子宮内膜を体外…
    (出典:ヘルス(時事通信))


    不正出血(ふせいしゅっけつ)、不正性器出血、とは、月経・分娩などの正常な時期以外で起こる女性器からの出血の総称である。不正性器出血という語順で呼ぶこともある。 器質性出血 炎症や傷など、子宮・卵巣・膣といった内性器に物理的な病変があり、そこから出血している。 機能性出血
    5キロバイト (802 語) - 2018年9月29日 (土) 00:25


    違和感、不安があれば手遅れになる前にすぐに病院に行こう!

    【【大丈夫!?】不正出血、月経血が増えたらこの病気の一歩手前かも!?】の続きを読む


    【活動批判】はあちゅうさんの妊活に対する活動に批判!担当者からの救いの言葉も



    (出典 assets.media-platform.com)


    はあちゅうさん 「ファッション妊活」批判に悩む日々 救いの言葉に「涙溢れそう」 はあちゅうさん 「ファッション妊活」批判に悩む日々 救いの言葉に「涙溢れそう」
    …ら批判的な意見も寄せられたという。「この間、妊活に関する取材の時、ファッション妊活だという批判を受けた話をしたら、編集者さんが『あれだけのコンテンツを…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    全部の人を納得させることは不可能です。

    ネットの言葉ばかり聞いていたらきりねぇわな。

    【【活動批判】はあちゅうさんの妊活に対する活動に批判!担当者からの救いの言葉も】の続きを読む



    (出典 y-style-journal.com)


    【働きながら妊活しましょ】卵子と糖質制限の間の勘違い - ニコニコニュース
    糖質制限はダイエットだけでなく、妊活にも有効……そんな話を小耳にはさんだことはありませんか?不妊カウンセラーの笛吹和代さんに聞いてみました。 SNS上の妊活情報 ...
    (出典:ニコニコニュース)


    低炭水化物ダイエット (糖質制限からのリダイレクト)
    低炭水化物ダイエット(ていたんすいかぶつダイエット、low-carbohydrate diets)とは、肥満や糖尿病の治療を目的として炭水化物の摂取比率や摂取量を制限する食事療法である。低糖質食、糖質制限食、ローカーボ・ダイエット、またそれをさらに短縮してロカボとも呼ばれる。本質的には炭水化物で摂取していたエネルギーをタンパク質と脂質に置き換える食事法である。
    28キロバイト (3,908 語) - 2018年12月19日 (水) 08:36


    何事も過度な行いは禁物だね。
    バランスのいい食事を心がけて!

    【妊活するなら過度な糖質制限は危険?糖質制限が卵子に与える影響とは?】の続きを読む



    (出典 caracoro.jp)


    不妊治療の最前線。【世界の最新出産レポート Vol.1】 - VOGUE JAPAN
    世界の出生率が史上最低水準に落ち込む中、不妊治療の分野では、医療技術の進歩によってこれまでにはなかった選択肢が生まれている。世界各国の出産トレンドや出産 ...
    (出典:VOGUE JAPAN)


    不妊2018 11

    (出典 Youtube)


    世界的に出生率が落ちてるんですね。

    文明が発達しすぎた?

    【【不妊治療最前線】海外の出産レポ、世界的に出生率が落ちる中流行りの治療とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ